とりあえず手をあげろ!

クリス氏のセミナーでは
「わからなかったら、とりあえず手をあげる」という約束事があった。
その約束事を聞いた時、「え!?まじか、、やばっ」ってどんどん緊張してきて、
いざ手をあげたとき、「やばい!やばい!」って内心思いながらも、
頭がフル回転してきて、なんとか口から言葉が出てきたのを今でも鮮明に覚えています。
 
クリス氏の著書にも書いてあるけど、
とりあえず手をあげることで、脳をオフからオンに切り替える!
そして考えて考えて、分からなくても答えてみる!
そうすれば、「できない」とか「面倒くさい」って言葉が禁句になる。
とりあえず手をあげることで、仕事の会議でも日常のどんな場所でも自分自信の何かが変わってくる。
 
傍観者になってはいけないんだ!
傍観者になったらその先に何があるのだろう?なにもない気がします。
勇気を出して一歩踏み出すこと、
自分を行動に移さざるを得ない状況に置くことで、きっと何かが変わってくるのだと思いました!

 

行動と感情

何か行動を起こすってとき、すっごいパワーがいると思いませんか?
私はそうです(笑)
学生の頃、「試験勉強やろう!」と思ってもなかなか手をつけられないし、
社会人になった今でも「家の掃除をしよう!」と思っても行動に移すまでに時間がかかります。。。

どうすればスムーズに行動を移せるのか?行動を起こすために必要なものは何か?

それは、「感情」だとクリス氏は言っています。

どんなに「頑張ろう!」と思っても、「感情」が伴わなければ、なかなか行動につながらない。
たとえば、「仕事上、簿記資格を取らなければならない」として、そう考えただけでも資格の勉強はできるかもしれないけど、「資格でいい点を取って合格すれば、賞与がもらえる」となると、賞与がほしくてたまらない人だったらここに「感情」が生まれてくる。「賞与がもらえる」という、自分にとって喜ばしい状況が「快感」となって、大きな力になっていくんだと彼は言います。

また、その「感情」をコントロールすることが大事だとも言っています。
このコントロールの大事さは、クリス氏の尊敬するアンソニー・ロビンズから学んだことらしく、
自分の「感情」をコントロールすることによって気分が良くなり、気分が良くなればポジティブに考えられるようになって「行動」に結びつく。そして「行動」が「結果」(=成功)を生み出す。ということらしいのです。

なるほど!!!
だって「やる気」って感情だもんね!理屈や論理も必要だけどそれだけじゃだめなんだ!

これから何か行動を起こすとき、これをしたら、あれができるって自分でモチベーションを上げてみようかな!そうすれば、何か変わるかもしれない!!!

I AM THE VOICE

いままでの人生を振り返ってみて、何か悪いことが起こった時、
「あの時あいつがああ言ったからだ。」とか理由をつけて、他人のせいにしたことが誰しもあるでしょう。
私もそのひとりです。
 
自分の人生のすべてに責任を持つ、『I AM THE VOICE 』クリス氏は言います。
いまの自分があるのは、親のせいでも、友達のせいでも、学校のせいでも、先生のせいでもいつか読んだ本のせいでもなくて、すべては「自分の責任」。もちろん病気や事故などの物理的な要因で自分のせいだと思えないことでも、自分の責任だと考えるようにすると、いままでの自分にはなかった力が湧き上がってくる。と。
 
なるほど、と思いました。自分の人生の主人公は自分だし、
誰かに助言や教えを受けたとしても、結局何かを選択し歩んできたのは他でもない自分。
いま置かれた環境に例えば不満があって、それを他人のせいにしたところで何も生まれないでしょう。
 
クリス氏はこうも言います。
「他人の力に支配されている人は、成功しないよ。」と。
 
だから、『I AM THE VOICE 』
 
私の人生はわ、自分で決める。
私は、私の選択に、責任を持つ。
私の人生の権限は、私にある。
私は、私自身の、心の声である。
私が、私の人生の主人公である。
私は、イエスということも、ノーということもできる。
私は、自分が決めたことを他人のせいにしない。

成功のステップ

成功したい!!!
誰もがそう思っているはず!!!
でもどうやって?どんなステップで?って考えてみました。
 
私の思う成功のステップは、まずお金を手にいれ、そして働かなくてよくなり、幸せを手にいれる!
だって、成功って幸せを掴むことが最終目標でしょ?
それには、お金も自由も必要な気がするし・・・
 
でも、クリス岡崎氏の言う成功のステップは私とは真逆でした(汗
彼の言う成功のステップは「まず幸せになること、そのあとで自由になること、最後に豊かになること」らしい!
私は衝撃を受けました!!!
なんで?と疑問に思い、彼の本を読み進めてみると納得の内容でした。
今回は皆さんにその内容をお伝えしたいと思います!
 
アレもコレも欲しいと満ち足りない部分にばかりフォーカスするから、いまの幸せに満足できなくなってると彼は言います。まずは、「いまのままでも十分に幸せである」ということに気づくことが大事なんだって!
そして自由というのは1日24時間すべての行動に「自分の選択」があること。
働くことを趣味や使命のようなものにしちゃえって!
最後に豊かさ。これは幸せと自由の先にあるらしい。
 
前の日記にも似たようなことを書いたけど、
自分だけが幸せを手にいれたり、誰かから応援してもらうのではなく、
自分の幸せを誰かに分け与えたり、他者を応援することが成功につながるのだと私は思いました!
 
クリス岡崎氏の成功の定義、
自分がもっと幸せになって、周りの人ももっと幸せにすること。
自分がもっと自由になって、周りの人ももっと自由にすること。
自分がもっと豊かになって、周りの人ももっと豊かにすること。
自分がもっと健康になって、周りの人ももっと健康にすること。
 
「今が幸せ」であることに気づかなければ成功はない!と彼は言います。
私もいま自分が幸せであることに気づくことから始めようと思いました。

情熱は感染する

私を応援してくれる人は今いったいどれくらいいるんだろう、、、
と考えてみると、たくさんの友人や職場の方々の顔が出てきます。
でも、なぜその人たちは私を応援してくれるのだろう?
と考えてみると、いまひとつこれコレ !という答えが思いつきませんでした。
 
しかし、クリス岡崎氏の本を読んでその答えが分かった気がします。
私は自分を応援してくれた人たちを応援していたのだと!
「応援されたければ、応援する」。それが成功の法則だと彼は言います。
納得!!!
 
応援の連鎖と同じように、情熱も連鎖するとも彼は言います。
夢や情熱がないのは、いわば暖炉が冷え切っちゃっている状態だと。
だったら、燃えているもののそばに行けばいい。そして、そこから火をもらってくればいいと思わない?と。
確かに!!!
 
情熱が感染していけば、最初は少ない灯火でもやがて大きなものとなるでしょう。
私はその火種になれるだろうか、いや、なりたい!なってやる!
 
クリス岡崎氏、彼の「億万長者専門学校」を読んでいると毎度心がワクワクします。
いい本に出会ったなぁ。これからもその本に感銘を受けたことを日記に残していこうと思います!

億万長者は持っている、「ビッグ・ホワイ」

億万長者になりたい人には何が必要なのだろうか?
 
億万長者になりたいと思うのなら、
 
「何がなんでも私がやる!」といった「大きな使命感」=「ビッグ・ホワイ」が必要だとクリス岡崎氏は言う。
 
今の時代、必要なのはテクノロジーでもチャンスでもなく「やる気」と「使命」だとも言っている。
 
 
 
じゃあ、「やる気」ってどこから生まれてくるんだろう?
 
億万長者になることを目的とするのではなく、億万長者になって何をしたいかが重要であり、
 
億万長者が目的ではなく通過点に過ぎなくなったとき、絶えることのないやる気が生まれて来るのだと彼は言う。
 
なるほど!!
 
例えば私が億万長者になりたいとする。動機は「億万長者になれば、働かなくてすむから。。。」
 
それではなんだか夢が叶う気がしないし、動機として弱い気がする。
 
では、これならどうだろうか、
 
「億万長者になって遊園地を作り、大人も子供も楽しめる場所にする!」
 
そうすれば、なんだかすっごいモチベーションもがあがる気がする⤴︎⤴︎
 
 
 
億万長者になりたいと思ったとき、強い強い理由が必要になるんだ!!
 
私も含め多くの人が「やる気」の欠如に悩んでいるのは、「絶対的な理由を見つけられないでいるから」なんだ。
 
 
 
 
私たちには無限の能力(すっごい可能性)が眠っていると彼は言う。
 
なんだかワクワクしないか!??

【クリス岡崎氏】彼が教える真の億万長者の定義とは? 口コミ・評判

クリス岡崎氏の著書「億万長者専門学校」という本を読んでみたので、

今日はその一部を紹介したいと思います!


私は彼の本を読むまで「億万長者の定義は?」と聞かれると、

「大金持ち?」「宝くじの高額当選者!?」としか答えられなかった。

クリス岡崎氏、彼に言わせると少し違う、

「何度でも1億円をつくり出す能力を持っている人」が億万長者なのだ!

つまり、高額の宝くじを一回偶然当てただけでは、その人は億万長者ではないということだ。

彼はこうも言っている、「成功に偶然はない」と。

確かに!!!

たった1回高額なお金を偶然手にしたとして、また次に同じことが起こるとは到底考えられないからね!


そして、真の億万長者とは、失敗を沢山経験し、そこからいろいろなパターンやルールを見出し、

例えお金がゼロになっても何度でも富を作り出せる人だと本には書いてあった。

なるほど・・・

億万長者とは、偶然に頼って生きている人ではなく、

自身の経験や努力から作り出した億万長者のルールの中で生きている人なんだ!